View low-graphics version

マドリードでサマーキャンプ(10歳から18歳)

以下から選択して下さい: ホーム​ → ジュニア夏休み留学(8-12、13-15、16-20歳)

プログラム概要

  • 年齢制限:5歳-18歳
  • 週20レッスン
  • レジデンスまたはホームステイ
  • 1日3食付き
  • 引率付きスポーツ、文化のアクティビティ
  • 留学期間:2週間-4週間

基本情報

マドリード

マドリードはスペインの首都であり、人口は約400万人です。国の中心部に位置し、スペインの全ての都市まで、車で5時間以内の距離です。

マドリードは、その建築物によって表されるように、古代と現代が共存する、コントラストに満ちた街です。世界でも有​​数の美術館(プラド美術館、ソフィア王妃芸術センター等)があり、展覧会、サッカーの試合、コンサート、ディスコ、バー、公園等、昼夜を問わず楽しめるエンターテイメントも多く用意されています。そのおかげで、マドリードは活発、近代的でダイナミックな都市になっており、退屈することはないでしょう。

語学学校

スペイン語レッスンはFrancisco de Vitoria大学のメイン・レジデンスで行われます。​キャンパスは広く、緑が豊かです。キャンパスはマドリード郊外、マハダオンダのCarretera Pozueloにあります。

語学学校の設備は充実しています:若者向けの談話室、テレビルーム、学習室、スポーツルーム、食堂、インターネット回線を備えたコンピュータルーム等。さらに、キャンパス内にはサッカーグラウンド、テニスコート、パドルテニスコート、バスケットボールコートやマルチスポーツ場もあります。

プログラム

このプログラムは5歳~18歳の若者を対象にしています。リラックスした雰囲気の中でスペイン語を学習し、スペイン文化を発見することができます。

参加者は1日4回のスペイン語レッスンを受け、アクティビティと小旅行のプログラムに参加します。これらのアクティビティでは適切な引率が行われ、参加者は楽しみながらスペイン語を使うことができます。

  • レッスン
    レッスンは初心者から上級者まで、全てのレベルに対応しています。到着時にレベルチェックテストが行われ、参加者には適切なレベルのクラスが割り当てられます。​レッスンの質を保証するため、クラス人数は最大12人の、小人数グループとなっています。教師は全員スペイン語のネイティブスピーカーで、高等教育を修了しています。​レッスンは文法、ボキャブラリー、発音、リスニングやリーディングなどの分野を重視しています。レッスン終了時には、学習の状況を記した証明書が参加者に手渡されます。
  • アクティビティ
    スペイン語レッスンと並行して、参加者は文化、スポーツやレクリエーションのアクティビティを行います。また、小旅行に参加し、スペインの豊かな歴史と文化を発見することもできます。​アクティビティの例:トレド、セゴビア、アビラ、サラマンカへの1日旅行、 Escurial宮殿、水族館、マドリード歴史的中心地区、プラド美術館への半日旅行、マドリードのガイド付き観光等。​スポーツ活動、パーティー、ダンスレッスンや演劇鑑賞など、その他のアクティビティも企画されます。

    レッスンとアクティビティに加え、スポーツのオプション:

    • テニス:2週間につき5時間
    • 乗馬:2週間につき5時間
    • サッカー:2週間につき5時間

    これらのオプションは、他のアクティビティと同時に参加することができない場合があります。オプションのスケジュールとアクティビティのスケジュールが重なってしまうためです。また、スポーツのオプションは2つ以上同時に選択することはできません。

  • 外出許可
    ある程度独立した参加者は、学校の外で友達と遊んだり、午後にキャンパスの外に出てみたいと思うものです。そのため、参加者は2週間に3回だけ、一人で外出すること​が許可されています。門限は午後11時30分です。15歳以上で、両親による同意がある場合のみ、生徒は学校の外に出ることができます。​参加者が一人で外出できる日は、学校の責任者によって決定されます。 15歳未満、または両親の同意が無い参加者は、いかなる場合でも大人の同伴無しに外出することはできません。また、レッスンとアクティビティのプログラムは、参加者を退屈させないように構成されています。

宿泊施設

  • レジデンス宿泊
    参加者は学校の敷地内にある、国際的なレジデンスに宿泊することができます。同年代の学生と、学校の外でもコミュニケーションを取ることができます。​参加者は1人部屋または2人部屋に宿泊します。専用のバスルームと、1日3食の食事が提供されます。
  • 洗濯に関して
    このプログラムでは、2週間に1回、洗濯のサービスが利用できます。このサービスを利用するため、参加者は衣服を入れておく袋を持参する必要があります。また、参加者の服に名前を入れておくことをお勧めします。

料金と日程

2015年日程

留学期間は日曜日から土曜日となっており、レッスンは月曜日に開始します。

宿泊施設は以下の日程でご利用いただけます:

  • 6月28日から7月12日
  • 7月13日から7月26日

料金に含まれるもの:

  • 全ての税と入学金
  • 授業料(週20レッスン)
  • レジデンスまたはホームステイ宿泊費
  • 1日3食の食事
  • アクティビティと小旅行
  • マドリードの空港・駅からの送迎サービス

料金に含まれないもの:

  • 渡航費
  • 空港‐宿泊施設の送迎サービス(詳細は料金表を参照)
  • lオプションのスポーツ参加費

現地情報

学校で

  • 医療アシスタント
    キャンパス内には、生徒の健康を管理するための診療室があります。参加者にアレルギーがある、または継続的な治療や食事制限を必要とする場合は、私​たちに前もって知らせてください。私たちは現地のスタッフと相談し、サポート体制を整えます。留学中、参加者は現地に薬を持参する必要があります。薬代や​キャンパス外での診察料金は、プログラム料金に含まれていません。
  • お小遣い
    到着時に、参加者は学校の銀行にお金を預けることができます。学生カウンセラーが預かり金と引き出しの記録を取り、予算を管理するために出費を監視します。​滞在中に参加者のお金が足りなくなった場合、送金は保護者の責任で行われるものとします。語学学校が参加者にお金を与えることはできません。
  • 電話
    参加者は、学校の電話ボックスから保護者に電話をかけることができます。参加者が携帯電話を持参する場合は、特定の時間帯のみ使用が許可されます。​また、語学学校は留守番電話を備えているので、参加者への伝言を残すことができます。学校の責任者に連絡する必要がある場合は、緊急時の電話番号も利用できます。これらの電話番号は、参加者が出発する前に連絡されます。
  • ユニフォーム
    語学学校はサマーキャンプのロゴが入ったユニフォームを販売しています。ユニフォームは現地で購入することはできない​ので、もし希望されるのであれば、出発日の10日以上前に注文することをお勧めします。ユニフォームはTシャツ6着、トレーナー1着、半ズボン2本と帽子 1つがセットになっています。ユニフォームはコース開始日に生徒に配布され、インストラクターが持ち物に名前を書くように指導します。

交通について

  • マドリード空港から宿泊施設までの送迎サービスが利用できます

ご要望があれば、航空券を当社が予約することもできます。申し込みの際にその旨をご記入ください。

お客様自身で航空券を予約される場合、レッスン開始前の日曜日に到着し、レッスン終了後の土曜日に現地を出発できるように予約することをお勧めします。

ビザ情報

日本人がスペインに滞在する場合、90日以内の滞在であれば、ビザ申請の必要はありません。有効なパスポートを所持していれば入国できます。

91日以上の滞在を予定している方は、学生ビザが必要となります。ビザ申請の条件等は定期的に変更されるので、詳細については在日スペイン大使館にお問い合わせください:

maec.es/subwebs/Embajadas/Tokio