View low-graphics version

ロサンゼルスでホームステイ

以下から選択して下さい: ホーム​ → アメリカ

プログラム概要

  • ロサンゼルスでホームステイ
  • アメリカ人家庭での滞在
  • 滞在期間:2週間から
  • 年齢制限:18歳以上

場所

ロサンゼルス

ロサンゼルスはニューヨークに次いで、アメリカで2番目に大きい都市です。カリフォルニア州南部に位置し、”天使の都”と呼ばれています。この都市はビジネスの中心地として、国際ビジネスが盛んに行われています。また、豊かな文化やエンターテイメントを持つ都市でもあります。

また、ロサンゼルスは映画産業にとっても重要な場所です。アメリカン・ドラマの中のように、この都市は昼も夜も非常に活発です。また、オリンピックの開催地に2度選ばれています。

ロサンゼルスはサンベルト地帯の温暖な地域に位置し、ビーチ、ビバリーヒルズ、ハリウッドやサンセット通りのような有名な観光地があります。ディズニーランドやユニバーサルスタジオのようなテーマパークもあり、ロサンゼルスを訪れる観光客は後を絶ちません。

ホストファミリーはロサンゼルスの様々な地区に住んでいます:ハリウッド、ウエストハリウッド、ノースハリウッド、ビバリーヒルズ、サンタモニカ、ウエストウッド(UCLAエリア)、ダウンタウン、ベニス、ユニバーサルシティ、カルバーシティ、ロスフェリス、マリナデルレイ、グレンデール、パサデナ、バーバンク等。

ホストファミリーは様々な地域に住んでいます。そのため、参加者はロサンゼルス周辺の様々な地域を観光することができます。

ロサンゼルスでの休暇や、短期の滞在を予定する方のために、私たちはホームステイを手配することができます。

ロサンゼルスではFIYTOの認証を受けた提携団体が、短期~中期の住宅や、ホームステイを手配しています。この団体は、多種多様なホストファミリーを紹介しています。

ホームステイはロサンゼルス周辺の観光や、インターンシップや仕事のための一時的な住居としても利用できます。ただ語学留学のプログラムと異なる点は、語学力の上達のためにホストファミリーとのコミュニケーションを保証することができないという事です。1週間からの滞在が可能です。

宿泊施設

ホームステイ

個室・朝食付

家具つきの1人部屋。部屋以外は全て、ファミリーと共有します。滞在期間中は朝食が提供されます(コーヒー、紅茶、牛乳、パンやトースト、ジャム、バター等)。

ホストファミリーは現地のスタッフによって定期的に訪問されています。また、周辺の治安や交通の便など、様々な要素を考慮しながら厳選されており、ホストファミリーは参加者を暖かく迎え入れてくれます。トラブルが発生した場合、現地スタッフのサポートがいつでも利用できます。

有料オプション

  • 1日2食付オプション:要望があれば、1日2食付のオプションを追加することができます(朝食と夕食)。夕食の時間は、参加者とホストファミリーの都合に合わせて決まります。参加者は冷蔵庫の一部を使用することができ、昼食の準備に役立てることができます(サンドイッチやサラダ等)。キッチンの使用については、ホストファミリーと相談する必要があります。

追加情報

  • ベッドリネン・タオルは提供されます。
  • ロサンゼルスのファミリーは洗濯機を所有していないことも有ります。その場合は、コインランドリーのご利用となります。洗濯機を持っている場合は、通常利用が可能となりますが、週1回程度のご利用とお考え下さい。

料金と日程

2017年日程

滞在期間は最短2週間(時期によっては、1週間の滞在も考慮されます)です。(通常日曜日から日曜日の滞在)

ハイシーズン(6月~9月)の間は予約が多くなるため、出発予定日の3ヶ月前から予約することをお勧めします。

料金に含まれるもの:

  • 全ての税と手数料
  • ホームステイでの宿泊費
  • 朝食

料金に含まれないもの:

  • 渡航費
  • 送迎サービス
  • 現地交通費
  • 海外旅行保険(保険証の提示が必須)
  • ビザ申請料金

現地情報

交通について

到着日 : 日曜日

出発日 : 日曜日

チェックイン: 15時以降

チェックアウト : 11時まで

  • 最寄の空港:ロサンゼルス国際空港(LAX)
  • 空港からの送迎サービスが利用できます(有料)

要望があれば、ロサンゼルスまでの航空券を当社が手配することができます。申し込みの際にお知らせください。

航空券の予約は、ホームステイの予約が確定した後に行うようにしてください。

ビザ情報

  • 滞在期間が90日以内の場合
    ビザは必要ありません。オンラインでESTAの認証を受ければ、アメリカに入国することができます。
  • 滞在期間が91日以上の場合
    ビザの申請が必要です。​いずれにしても、ビザ申請に必要な書類や申請手続きについて確実な情報を得るには、お近くの アメリカ大使館 に直接問い合わせてみる必要があります。